白夜が観測できる国や都市はどこ?太陽が沈まない時期がある国 カナダ、グリーンランド、ノルウェー、フィンランド、ロシア、アラスカ(アメリカ)

白夜とは

北極圏付近・南極圏付近で見られる、夜になっても薄明るい、もしくは太陽が沈まない現象のこと。 これらの白夜が見られる時期としてはだいたい5月下旬から7月下旬までの2ヶ月間です。 英語では、Midnight sun、White nightというみたいです。 日本語でも白夜と訳されるように、 他の国の言葉でも基本はシンプルに白と夜の単語の組み合わせで表現されています。 ポーランド語:białych nocy フランス語:Nuit blanche、Soleil de minuit フィンランド語:keskiyön aurinko、yötön yö、polaaripäivä ちなみに白夜の反対語は極夜で、白夜のある国は決まって極夜があります。 極夜の時期は太陽がまったくでません。

白夜が観測できる北極圏の国

カナダ

ユーコン – ユーコン・テリトリー

イヌビク – ノースウェスト・テリトリー

オーロラでおなじみのイエローナイフのノースウェストテリトリーですね。

グリーンランド

イルリサット

ノルウェー

ハンメルフェスト

スウェーデン

ラップランド

ロシア

ムルマンスク

フィンランド

アラスカ

フェアバンクス

アイスランド

グリム島

今回は、一日中太陽が沈まない時期がある国、白夜が観測できるのはどこ?についての記事でした。 またね! [itemlink post_id=”2333″]]]>

0
一日中太陽が沈まない時期がある国、白夜が観測できるのはどこの国や都市?カナダ、グリーンランド、ノルウェー、フィンランド、ロシア、アラスカ(アメリカ)
投稿日: カテゴリー ?