街歩きの記録やウォーキングの距離管理をするなら、Googleマップのタイムライン機能がおすすめ

国内、海外旅行などでおもむくままに街歩きをする時、あとで通った道を見返したい

1日どれくらい歩いたかウォーキングの距離を把握したい

そんなとき、実はだれもがお世話になっているGoogleマップの設定をちょこっと変えるだけで

Googleマップのタイムライン機能で簡単にできちゃいます。 事前に必要なのは、Googleのアカウント(Gmailなどのアカウント)とGoogeマップAPPだけ。 ちょっとした設定だけでとっても簡単にできるので、ぜひお散歩・ウォーキング好きな方はやってみてください! APPをDLしましたか? それでは設定していきましょう!

APPを開き、左上のハンバーガーメニューをクリック

設定をクリック

個人的なコンテンツをクリック

ロケーション履歴がオフをクリック

右へフリックしてロケーション履歴をオンにします

有効にするをクリック

設定はこれでOKです! あとはいつもの道をウォーキングするもよし、散歩で新規ルートを開拓するもよしです! たくさん歩きましょう〜!  

ロケーション履歴(散歩やウォーキングで通ったルート)を見る方法:方法1

ハンバーガーメニューをクリック

タイムラインをクリック

カレンダーマーク→みたい日付をクリック

こんなふうに表示されます

 

ロケーション履歴(散歩やウォーキングで通ったルート)を見る方法:方法2

ハンバーガーメニューをクリック

設定

個人的なコンテンツ

ロケーション履歴がオンをクリック

履歴を管理をクリック

散歩やウォーキング、旅行などで訪れた場所を全て教えてくれます

通った経路はもちろん、ちょっと立ち寄った場所まで記録に残してくれるので たとえば町歩きなどでふらっと立ち寄ったお店がどこだったかをあとで参照するのもカンタンです。

全期間・年・月で訪れた場所を赤い点でポイント表示することができます

日を指定すると通った道を表示できます

今のところ全期間で通った経路を表示することはできないみたいですが、 それでも1日どれだけ歩いたか、通った道の記録を残せるのががありがたく重宝しています。 ぜひ、散歩・ウォーキングの記録をつけたい方はつかってみてくださいね!]]>

0
【旅さんぽにオススメ!】Googleタイムラインで道の記録をつけよう!